FXの基礎知識を持っていないと

現在、多くの FX 業者がキャンペーンなどを開催して、個人投資家の獲得を狙っています。口座開設には審査がありますが、成人していて、そこそこ保有資産があれば基本的にはだれでも開設できるため、全くの初心者が FX 取引を始めるハードルはかなり低くなってきています。

そのため、金融・投資・トレードに関する基礎知識がほとんどない人が、気軽に FX を始めるケースが増えています。もちろん、業界全体とすれば好ましいことなのですが、一定の知識がない状態でトレードを始めることは大きな危険を伴うので注意が必要です。

FX は、外国為替証拠金取引という別名を持っています。これは、自分の資金を担保として差し入れ、借りた数倍のお金で外国の通貨を買う取引形態から名づけられました。簡単に言うと、借金をした数倍のお金でトレードをするということです。

自分の投資資金の数倍のお金でトレードしますから、うまくいけば数倍の利益が、失敗すれば数倍の損失がでることになります。最悪の場合には、入金した以上の損失が発生し、借金を抱えることもありえない話ではありません。このように、本来は株取引よりもリスクの高い商品であるため、ある程度の基礎知識は必要だといえます。

FX は、2 通貨の交換取引ですから、それぞれの国(または地域)の経済・金融・情勢などが値動きに大きな影響を及ぼします。そのため、取引通貨を利用している国や地域の情勢をある程度知っていないと、為替レートの値動きを予想することは難しいでしょう。一方で、短期トレードの場合には情勢が与える影響は少なくなり、チャートから値動きを予測することが多くなります。そのため、チャートの読み方・指標の分析の仕方などの基礎知識は必須といえます。

さらに、見逃されがちなのが、トレード自体の知識です。多くの FX 業者が提供している発注ツールは、設定次第で、1 クリックで注文可能です。そのため、ゲーム感覚で気軽にトレードできる半面、危険なトレードをしてしまう可能性もあります。

FX で利益を出そうとする場合、最重要なのは値動きの予測を当てることです。そして、次に重要なのはトレード手法です。初心者の多くは、自分の投資資金に見合わないトレードをしてしまいがちです。損失を恐れて極端に少ないポジションしか取らなければ、いくら予想が当たっても資産は一向に増えません。

逆に、過大な利益を求めて極端に大きなポジションをとってしまうと、予想が外れたときに大きな損失が発生してしまいます。場合によっては、入金した投資資金よりも大きな損失となり、借金を抱えてしまうことありえるのです。

そのため、資金管理などのトレードに関する基礎知識を得てから、実際のトレードをすることが重要です。

Memorandum Site

Nagoya 38 hotels for repeaters
Choose the best accommodation deal for your trip

営業代行はテストマーケティングも
実際の営業活動を通じてターゲットや商品改善を探ります

これからの不動産投資には高齢者向け住宅も
アパート、マンションより満室になりやすい?

会社設立なら実績5000社超えのベンチャーサポートで!
安くて丁寧で充実対応のワンストップ会社設立

ページのトップへ戻る