ギャンブル性も含んでいると

2014年10月20日

FXの魅力の一つは、高いレバレッジをかけられることにあります。個人投資家の場合は25倍まで、法人の場合は100倍までレバレッジがかけられます。レバレッジがかけられるとはどういうことかというと、個人の場合は手持ちの25倍まで取引が出来る、ということです。例えば、手持ちの資金が4万円しかない主婦なら、外貨預金は4万円分しかできません。しかし、FXならその25倍の100万円の取引ができるのです。少ない資金で大きな取引ができるのはとても魅力的ですが、その分リスクも大きいことに注意が必要です。4万円で100万円の取引ができるということは、4万円を使って100万円の賭けをしている、ともいえます。このように、FXはギャンブル性を含んでいるので、リスクや危険性を理解した上で取引を始めないと、あっという間に財産を失ってしまうことになります。取引を始めて失敗して、またお金を注ぎ込んで失敗して、全財産を失った人は少なくありません。

ページのトップへ戻る